転職 | 日払いで確実な高収入が手に入るのは風俗求人だけ

転職

読書をしている女性

ナイトワークにも、色々な意味がありますが、普通に考えれば「夜のお仕事」という意味になります。じゃあ、居酒屋はナイトワークなのか?と言われると、YESでもあるし、NOでもあるという感じです。
今のところ、「ナイトワーク」と言われれば、夜の接客業のことを指すことが多い気がします。ただ、求人を見ていると、「ナイトワーク」のカテゴリの中に、バーテンダーとか、居酒屋の仕事が掲載されている場合があります。ただ、「高収入」というカテゴリで分けるとしたら、やはりキャバクラやガールズバーなどの接客業を指すことが多いのではないでしょうか。

私は、親がスナックを開いていたので、必然的に店の手伝いをしていました。そして、地元を離れて自立した頃、私が選んだ職業はやはりキャバクラだったのです。同じナイトワークと言えど、畑違いの仕事なので、何が行われるのかわからずに、ドキドキしていました・・・。同じナイトワークからの転職でも、こんなに緊張するのだから、初めて応募する人はもっと緊張するだろうと思います。

スナックとキャバクラの違いを簡単に言うと、スナックはカウンターの中から接客して、キャバクラは隣に座ってお客様とお話することです。この違いは、ガールズバーとキャバクラにも言えることです。しかし、スナックの方が昔からあるので、顧客層も大人な人が多いです。カラオケが好きな人が多かったし、ママさんの性格によって、お店の雰囲気もガラッと変わります。